チアシード

今話題のチアシード、そのダイエットへの効果や成分等について解説しています。その他。チアシードの作り方の紹介など。
チアシードについて

今話題のチアシード、ご存知ですか?ここではチアシードの基礎知識、お役立ち情報、その効果について紹介しています。チアシードは効能やカロリーがダイエット効果に優れており、その商品もたくさんあります。ここでチアシードの食べ方や、レシピ、口コミ情報などを調べて、ダイエットに役立ててみませんか?その他、バジルシードの情報も取り扱っております。ダイエットに挑戦したけどなかなかうまくいかない方、もう一度挑戦してみませんか?

チアシード 新着情報

チアシードについてご紹介します。チアシードとは、シソ科サルビア属ミントの一種でチアシードは、メキシコを中心とする南米で栽培される果実「チア」の種のことをさしています。チアは「小さじ一杯の種と瓢箪(ひょうたん)1杯の水で24時間走り続けられる」という伝説もあるほど、栄養分の豊富な食べ物です。南米では、かなりポピュラーな食べ物で、一粒の大きさは直径約 2mmととても小さく、見た目は黒ごまの様な種子で、水に浸せばドンドン膨張します。無味で、若干のハーブ臭で食べやすく、新しいダイエットサポート食品として最近では注目されています。

チアシードのすばらしさ、それはずばり、『10倍に膨らむ』という性質です。チアシードは、水分を含めばゼリー状の物質が、約10倍にも膨らむという性質を持っています。このゼリー状の成分は、グルコマンナンと呼ばれるもので人間が消化できない食物繊維です。ちなみに、グルコマンナンは、こんにゃくにも含まれています。このグルコマンナンが、水分を含むと膨張するため、 少しの食事量で満腹感を得ることができるというわけです。

チアシードには、食物繊維だけではなくてアミノ酸やカルシウム、マグネシウムなどの成分も含まれているため、 不足しがちな栄養素も摂取することができます。つまり、チアシードは、少量摂取するだけで、満腹感を得ることができるだけでなくて食物繊維も豊富なたえ便秘も解消してくれるという、超優れモノの食品なのです。チアシード(Chia Seed)の「チア(Chia)」は、メキシコで「力」を表す言葉、シード(Seed)は種です。チアシードは、「力の種」と呼ばれるくらいなので、かなりすごい食品だということがわかります。

食物繊維加工食品「ピューチャーバイオニック」という商品がありますが、ご存知でしょうか。食物繊維加工食品「ピューチャーバイオニック」は100包はいていてお得な袋です。そして食物繊維加工食品「ピューチャーバイオニック」はチアシードを超える食物繊維が含まれています。そのためお腹もスッキリとできてダイエットにつかえるアイテムだと思います。食物繊維加工食品「ピューチャーバイオニック」は便秘解消や腸内環境を良好に保つために食物繊維を取ろうと考えているかたにお勧めです。

食物繊維加工食品「ピューチャーバイオニック」は、たとえば自然に毎朝すっきりとしたいという方や野菜不足を感じるというかた、肌荒れが気になるというkた、ぽっこりとしたお腹が気になるというかた、満腹感を得たいというかたにおすすめです。昔の日本人は食物繊維の多い雑穀類やいも類・豆類・野菜・海藻類などをたくさん食べていました。しかし、食生活がだんだんと欧米化してきたため食物繊維摂取量が減少してしまいました。

その結果、便秘などのさまざまな疫病にかかる人が増えてきました。良い腸内環境を保つためには善玉菌を増加させてくれる食物繊維を摂取するよう心がけたほうがよいでしょう。お腹の中に入った食物繊維は善玉菌の餌となりますので善玉菌を増やしてくれるだけではありません。水分を含んで膨張ゲル化して腸壁を傷つけることなく、残留便(宿便)などを便と一緒に押し出してくれます。そして腸内をクリーンにして腸の働きを良くしてくれます。

チアシードは、食するだけではなくて実は通貨としても使われているほど、アステカ民族には馴染みのものなのです。それだけ価値があるということだと思います。チアシードでカロリーダイエットをするときには懸念する点もあります。チアシードを使用したカロリーダイエットは、チアシードが嫌いの方には向いていないとおもいます。チアシードにはヌルっとした食感がありますし。見た目も小さな卵みたいなので、気持ち悪いと思われる方もいらっしゃるみたいです。

逆にチアシードの特徴である無味無臭が苦手な方もいるとおもいます。ダイエットをすることは継続性がとても大事になってきますので、無理して食べるくらいであれば、他のダイエットをおすすめしたいとおもいます。また、チアシードは調理したあとは、比較的日持ちがしないという特徴があります。チアシードは混ぜたり、固めたりする場合は調理する手間がかかることも懸念した点に挙げられます。

チアシードのおいしい食べ方でsが、チアシードを配合したデザートもありますので少量で満腹になれるおいしいケーキミックスなど販売されているそうです。チアシードをマグカップをつかって簡単に作れるケーキなので、空腹な時や間食をしたい時などの低カロリー食や、ダイエットのサポートにも役立つとおもいます。ケーキだけではなく、チアシードは無味無臭な食材なのでいろいろな食べ物に混ぜることができます。ほかにも野菜ジュースなどの低カロリー高栄養素のジュースにチアシードを入れて膨らんでから飲めばダイエットに効果的だとおもいます。

チアシードはシソ科の植物なのでα-リノレン酸をたくさん含有しております。α-リノレン酸とは多価(高度)不飽和脂肪酸の1つのことです。脂質の主な構成分である脂肪酸の中でも、飽和脂肪酸や単価不飽和脂肪酸と違ってα-リノレン酸は人体内では合成や蓄積をすることができないため食事から摂取するといった必須栄養素になります。α-リノレン酸は体の中でEPA、DHAに変換されます。

そのため、血中の悪玉コレステロールを減らしてくれて善玉コレステロールを増やしてくれます。ガンの発生や増殖などを抑制したりするなどの働きをします。チアシードは無味無臭です。飲み物や料理本来の味を損ねることはありませので、ハンバーグなどの下地にいれてみたり、ジュースと一緒に、またヨーグルトに加えるなど、食べ方は自由自在だとおもいます。しかも、チアシード自体のカロリーは一包あたりわずか11kcalという低カロリーなので料理に加えてもカロリーは増えません。

低カロリーで低脂肪、そして良質な食物繊維が豊富なチアシードは、カロリーダイエットに適した食品になります。チアシードとは何かというとチアシードとはメキシコ原産の植物である青い花のチアの種子のことで、チアシードのチアとは主に南米で栽培されるシソ科ミント属サルビアの一種です。南米で栽培される果実なのですが、チアとはマヤ語で「力」を意味しています。古くは紀元前3500年のアステカ文明の頃から健康になれる植物として珍重されています。アステカの民族は健康になる植物として賞賛していまsた。「小さじ1杯の種、ひょうたん1杯の水で24時間走り続けられる。」というように評価していた伝説も伝わっています。

チアシードはバジルシードとても似ていますが、チアシードに含まれている成分はバジルシードとは異なります。バジルシードよりも18種類のアミノ酸やカルシウムなどたくさんの栄養素が含まれています。種子であるチアシードは、産地の雨の少ない気候から水を含めば寒天状の物質が膨張して約30倍もの体積になるのです。この膨張性が満腹感を与えてくれて空腹感を抑えます。

そして、チアシードには寒天と同じように天然食物繊維がたくさん含まれています。そのため、ダイエットにたいして効果を発揮します。その量は16gなのでバジルシードよりも多くてレタスが3個分で、これは寒天の10倍になります。また、整腸作用はダイエットを考えるうえでとても効果的だといえます。

整腸作用とは摂取した食事が腸内で善玉菌の栄養となって腸内腐敗菌であるウエルシュ菌や大腸菌を減少させることにより、腸のぜん動運動を活発にすることです。そのため腸内環境を整えていき、便秘や下痢などの便性の改善をすることをさしています。便通が良くなると体の代謝も改善されていきますので脂肪も燃えやすい体になります。ダイエットには直接関係がないかもしれませんが、皮膚の代謝も活発できるので、肌がきれいになるのも特徴だといえます。